最後列の足跡

November 28th, 2014

は秋、この不況のやつ. p>彼女<か白いワンピースを着ました.座ってがフロントの大石のそばに寄り添って大石. を脱ぎ始めるときに用いてコートの制服、そばに置いてみて、かばんをもう一回確保がひっくり返って、それらの身分を証明するものはすべて……そしてその封絶筆! しばらく見ていた…… 幕を切った…… p>と<しばらく:文字列の足跡を踏まえて彼女の胸に,狼1号.そんな重い. でか足、纏足、細い足跡.大、中、小はどんなにすばらしいどんなに調和.彼らを踏むボンド瑞の朝の,シアリス.もとは、命というのは美しくて、しかしどうして彼女まで行っても! 大波で、それらは見る影もない.彼女は皮肉に笑うと、もと幸せそうに一撃にも堪え. をまぎらわせ、まぎらわせ、『ノルウェー森の日』の衝撃に一面の砂が未来の活力をもたらした.分からないのはどれどれだけの魂の友達.殘ったのは依然として令彼女は忌の歓声. 令彼女の慰めになるのは、大波は簡単にすべてを撫でる. p>と<……旧式タイプライターのように、ただ少し乱れの音が、多いのは歳月の感慨と、命の傍観.

を振り返ってみると、すべての時間、あなたには私の足跡、深く、世の変転をなめ尽くす.あなたがいない私は、殘りをかみしめているこれらの足跡の中の物語. 榕樹下、私は静かに見て腕白なあなたは、大人の念を押し手をよそに、ビニール袋に登って高いガジュマル、嫌がらせをして往来が頻繁で木の枝の間のミツバチ.私はたまに勧めるあなたがされて、見て刺す満身バッグはずっと口をゆがめて笑って君は、忍びないあなた興掃く.そして、一緒に帰って耐え大人々の呪いと竹の棒の我々の教訓.私たちは何度も何度もない約束は、ほどなくまた晴れの日の中で見榕樹下の私たち. 小渓辺、あなたは涙をくわえて、ひとつひとつの石粒置き去りに水、浪花次に輝かしい満開に咲いてしょんぼりしは、そんな.毎回の挫折のいじめ侮り、君はいつもここに来て、渓流にあなたのすすり泣きの声を覆う.あなたはここを仕向け港、叱らない他の人のは、君と一斉に泣いた渓流.私はあなたから遠くないところに黙って見ているあなたはしていて、慰めてあげて、あなたが逃げて、あなたの選択が一人の被害者.最後に、私が見ているふ目、尻を踏んで家に帰って、長い路、孤独の足跡を殘して.このすべて、私も目にして、私はずっとあなたのそばにいる. 部屋の中で、あなたをしっかりと鍵をかけたドア、布団の中から取り出してこっそり隠しの輸入チョコレート、独自に興味津々に咀嚼して.私はそばでため息をついて、思って授業の兄.あなたは食べるのがはばからないように、これはあなたの仕事である.私はあなたのそばに座って、あなたに話す人に譲るの物語を、君は気にしない.私はしかたなく. 教室の中で、あなたはしばらく嫌いには、たまに気色ばむ、隣席の1回折る.私はひそかに責め、隣席でもあなたの本に描いていたいくつかのペンは、私からそんなに大脾気ですか?あなたがはびこっている様子を見て、私は思わず螜倒する1回あなた、あなたは少し収束.しかしあなたの悪性は、すでに他の人の心に深く染み渡る. p>と&lt,ru486 通販;…… 雕階玉徹は猶、ただ少年少女改. ついに、あなたは私を離れて.あなたの葬儀では私と静かに寝ているあなた、私達の17歳の誕生日.二度とあなたが見えないあなたのいたずら、現実逃避の様子もない、君を叱るの利己主義と気が小さい. さよなら、もう一人の私は、過去の自分に、幼稚な私,レディーチャイナ.後の日は、私が行きましょう!あなたの物語永遠だけに書き込まれ深い足跡の中で、私は時々振り返って、反省.さようなら、あなたは永遠に生きるしかない思い出に. 足跡を見て一緒に過ごした日々が、しかしこのすべては一段落したので、私に背を向けて、引き続き自分の道を歩いて、新たな足跡を殘して、それは私だけ一人の足跡.

友達と別れた別の涙

November 11th, 2014

友達、別れない涙 友達、別れない涙.人生いつで、なぜ涙では.私たち一緒に抱きしめて、あか抜けて立ち去って、相手に強いの背中! 未来のために、たくさんの道かもしれないかもしれない、道中ご無事で、坎坎きてきて.昔の思い出の中で、私達は手を繋いで、一緒に勉強し、一緒に喜び、一緒に……から、大丈夫.友達、私は永遠にあなたに付き添って、人生を歩みの風雨を、きれいな虹の下で再会,天天素! 忘れた花びらが散る、片隅で、黙々と待って枯れて、乾いた種が春雨の後も脱皮が美しい花.涙が流れない限り、私はあなたを守る陽光天使になりたい,インモラル.頑張りましょう、友達!希望のドアを開けた.忘れて行く新しい春を迎え、蝶のように美しい、孔雀のように優しく、イルカのようなスマート.行きましょう、振り返らずに向かって、あなたの新しい世界、あなたの美しい未来. 友達、卒業して、また会えるかどうか分からない.もし可能で、私は更にあなたに付き添って歩き続けて、肩を併べて、手に手をつないで、あなたと一緒に未知の世界. 友達、別れないで涙を流して、私のピンクの思い出の中にいつまでも殘るあなたの光り輝く笑顔.女の子は弱い、男の子は強い.よかった、私に微笑むだけで十分です.あなたは私を約束して別れの日、誰も涙を流して、良いですか? 夕日の下で、私達は微笑んで、抱きしめて、流して永遠の美しい姿!

November 7th, 2014

  在我脑海第一个留下痕迹的男生是邻居的哥哥--一个我至今不知其姓名的男孩…他很怪,好像从小学三年级开始就一直跟在我背后去上学,RU486,那时好小,总觉得是巧合,后来慢慢长大才开始懂那不是巧合…我们很少说话,在一起玩过几次,可都没超过十分钟,好几次打球都被妈妈叫回家留下他一个人在空地上发呆…有一次问他叫什么名,他只是笑着不回答…可,我的事他却知道得一清二楚,被妈妈骂会哄我开心,一直在背后默默的帮我,却不说一句什么,直到现在他每次过年回家也是站在我背后傻傻的看着……   第二个男孩,是在初二遇见的,是一个很内向的男生。成绩很好,特别是数学,却很喜欢脸红…乐于助人,无怨无悔。他坐在我后面,看我一直疯玩,会说我两句,后来被他感动也就开始跟着他一块学习,一个学期下来,数学成绩从十几分升到八十多……喜欢数学,乐于助人全是受他的影像…他的细心,耐心,少言…让我至今难忘…一次和人闹矛盾,他竟然挺身而出站在我这边,把对方活活气哭…事后向他道谢,他却仍旧脸红,在同学录上,他给我留下的是“每一个真实的现在都是你曾经幻想的未来…”…   第三个是小叶,高一是遇见的,一个学期的相处时间(好像不到),他很喜欢笑,整一个开心天使,在他身上有一种让人亲近的魔力…可能是作文惹的祸,他开始频频关心我,他的关心几乎笼罩了我整个高中生活,和他在一起,我就像一个小妹妹…一起出去会给我打伞,不许我走在他的左边,他说那样太危险,要我走在他的右手边,他要保护我…有时忘了,他会骂我,说我适合去西方国家住…一起去海边玩,他说他不会给我打三轮车,问我能不能走,我说能,他就笑,说:“走路去比较浪漫,又能减肥…”,一路上就很开心的聊…在海上玩得忘了时间,他会告诉我这样玩太累,然后就叫我坐在沙滩上,在沙滩上画下我的画像,写着“一生有你”,海浪过来把他的画和字冲刷掉了,一句“怎么可以这样对我”让我笑得前俯后仰,在沙滩上写下“心态最重要”,于是我们就并肩延着海边走了好久……其实,我希望能这样一直走下去……   他,葵潭中学的希望,应该也算是内向的人吧!用老荣的话说是“感情细腻”,其实我要谢谢他,如果不是他的讽刺,我的作文应该没发写下去……我们的故事是从老荣把我和欣然调到第三组开始的,于是就有了一段长途的纸条旅行…好难讲清楚的一段历史,就是有点累,有点不现实,毕竟是纸上世界…或许,是我们性格有点和不来吧!?虽然有酸甜苦辣,但也要谢谢他!谢谢他给了我一段不一样的纸上感情,谢谢他为我做了那么多,谢谢他为了我改变了那么多,一切的一切我都看在眼里……   他,高二遇见的,班长……刚开学的那天早上见他的时候就觉得他像小叶……一样的感觉…只是没想到,他的一声“早”却吓了我一跳,过后,我记下了黄灿荣,外号田鸡……阿猴弄了个副班长给我,于是就会经常和他交流,何况那时我弄丢了两本点名簿……相处长了,才发现他和小叶不太一样…只是一样可以毫不掩饰,可以很轻松而已……小叶比他更细心……他喜欢串门,和我老妈很聊得来(其实小叶也一样,有可能是我妈太好客),没事就开车去我家,现在家里的人几乎都认识他了…和他的故事融入生活,几乎没什么特别的,却……   他,张嘉禧,外号四只脚,因为他自称禽兽……喜欢画画,喜欢在别人伤心时说:“小妹妹,叔叔带你去看金鱼…”,不然就是说&ldquo,新顕臣粉刺浄;你想太多了”…是和田鸡玩在一起的好兄弟,也是认识田鸡的时候认识的,四只脚~   这些都是我的好兄弟,一起走过的路,用言语是无法描述的,我只是想记下一切,埋在心里,暗暗为自己庆幸……然后用祝福折成小船,随风带去给他们……再深深的说一声“谢谢”!!!

ありがとうあなた

November 4th, 2014

作文網が無断転載特別大変 の恩に感じる心に感謝して、あなたが. ――題辞 慈母手正中線、旅人の上着,インモラル. 母、一人の世界で最も親切の名前で、彼女は甘い乳滋養して子供が成長して、彼女は生命の情熱にささげ彼女の子、もしあなたが成長した最初の人は誰で、もちろん、迷わずに答えて、私の母にキスを彼女は平凡で偉大な.彼女は私の人生の最初の先生、私をどのように身を処して、どのように常怀感激の赤熱の心.私は母の笑顔を見ることが好きで、どんな困難に遭っても、彼女の微笑みを与えてくれる動力、私を呑み込んで、勇敢に突き進んで、彼女の微笑みはのように輝いて、少し焦り.彼女は私のひとペアのステルス翼を与えて、私に自分の曲を歌っている、踊って自分のフリンジへその彩雲の端.母はいつも私に対して間違った事を恐れず、恐れがあなたの勇気がないし.この話はずっと私の耳に響く.それは、ずっと私を励まして、勇敢に難関を突破するに行って、自己を超え、苦難を越えて、強くなる、勝てない.はい、私の母はあまりを与えるかもしれないが、彼女は私にすべてを与える事の根本――生命.感謝してあなたが私の母. 春蚕死 糸側だけに灰に涙を始し始めて. 先生は、人の世の中の最も神聖な職業で、彼らは人を本を使命とし、伝承の文明を務め、彼らをこぼしてる知識の汀蘭、耳に快いリズム舞っていて、私は私の国語の先生に感謝して、彼の之乎者也を感じた古仁人の心、私わかりましたまず、世界を心配した後に世界の音楽.私は私の数学の先生に感謝して、彼の逆定理演算をさせてくれた好きで物を己の悲しみをさせてくれたことは両面性.私は私の英語の先生に感謝して、彼のABCDわかって、外国の文化.私の先生に感謝して数え切れないほど多く、三人行、必ずわが師だ落ち紅は無情物により、潜ん护花.これは教師の無私な献上の精神.はい、先生が私にくれたは多くないかもしれないが、彼は私にすべてを与える仕事の動力――知識に感謝して、あなたが私の先生,三便宝カプセル. に感謝の言葉にならなければならないかもしれないが、私だけを私は勇敢にマスト漕い、私自信のオール、呑み込んで、勇敢に難関を突破する、そうかも知れない、これは最高の感謝.