平板暮らしの中の幸福

February 15th, 2015

暮らしの中の幸福は海のようでもないような勢い、泉無嗅ぎ、それは澄み切った小川は、小さな流れがもっと暖かい. 母は私から学校に注目天気の情況、ほとんど毎日天気予報を見て.天気予報は雨の時に母がいつも早く急かさ傘を持って、私はいつも無視しない彼女の催促,蟻力神.日の朝日どんよりして、雲のような猛獣のよう遠くの空に飛びかかって来た、変には母がいつものように催促していないのではなく、自分自身の忙しい.家を出てだんだん暗くなって、最後に雨が降り出し、私だけが学校へ走った.瞬く間に放課後の時間になると、教室を出て行って、雨はまだ降っている.雨に濡れて帰るつもりでしたが、一歩が踏み出せないから、傘をよくファスナーのかばんの中に落ちてきたので、この時に私はわかって、私は傘を握っているような幸せを握っているように家に帰りました. 覚えてる が数日前のことで、その時の中間テストがもうすぐ始まり、唐先生は教壇の上に皆さんに話す機カードの地図作成方法.その後学友達はすべて続々試験会場に入った,精力剤販売.私は一人でそこに彷徨うことになるわお家に帰って、私の2B鉛筆や定規も持っていないから、試験までわずか5分、クラスメートに会いに非常に小さい札焦今日私事の由、彼が彼の笔袋を開いた後、私は試験の準備をすると思った彼は、意外にも彼を出す彼は買ったばかりの定規と2B鉛筆.ぱんと直線定規、鉛筆を二つにになって、彼は私に渡した、笑って早く試験でしょう、さもなくば遅れた私の涙は目から中流と出てきた.あの時の私の手を握っているのは幸せ.

忘れられない目

February 12th, 2015

一つの嫌いな人

February 10th, 2015

人生きていても風雨、不可能どんな事がすべて順調で、完全無欠.あなたが生活の中で、あなたが一番好きな人でも、あなたが一番嫌いな人.私の人生の中で私の最も嫌な人は平和を愛する、希望戦争の人は、今住んでいる地球の世界の人民はすべて私達の世界に永遠の平和、要らないで戦争の出現が暮らしやすい生活この平和地球に.しかしよくある人はこの平和な世界をやっている、総希望小、この世界でやって鸡犬不宁から日本人は戦慄した. は2001年9月11日、アメリカ最悪テロに見舞われ、四旅客機がテロリストにハイジャックされ人間爆弾当たり世界最高の階が世界貿易センタービルの中で、このビルになって世界に平地.このニュースが発生後に全世界の人民の」と驚きを現し、最も強烈な非難.静かな世界を混乱状態になった.この事件の製造者はあれらのテロリスト.無辜の民を彼らを受け. あなた達が 家族や友人、他人にも.どうして他の人を持って発散品、あなた達はこの事件に話し道理ですか?道理がないわけでもない何か言えない限り、あなたの合理的にこの問題解決、他人と一緒に静かに交渉して、道理を、他の人はあなたに満足する解答.世の中には不可能なことなの. p> &lt,紅蜘蛛 効き目;あなただけで武力に問題を解決して、合理的な理由がないと説明するあなたの問題を解決する、この挙動を全世界の人民も嫌い、君たちのやり方は打撃を与える アナン国連事務総長がテロに関わらず、そこを、我々はそれを断固として戦う,新一粒神.この時、冷静さと理性の判断は、いつもよりの方が必要なの.私たちは誰も知らない舞台裏で企画されたこれらの行動や彼らの目的を達成したい.知っている私たちは、テロにも進めない正義の事業. p>からやる<テロの人は、私たちは断固として打撃を永遠に消え、この人たちの世界で、この世界の平和な世界になる.

悠々寸「いびき」心

February 7th, 2015

お母さんの言い方によって 、親父のイビキ特別趣があるだけでなく、彼はひたすらいびきの声が、いくつかのひっきりなしに起こった変化は母の声を聞いて、このいびきはまるでだけ曲. p>夜<たびに、静まり返った時、1のちくちくと微細な声から親父の鼻の中で流れて、ゆっくりと、声は豪快になって、田舎朝埠頭ながら櫓をこぐ声を伴う厚い抑揚船歌.ぐうぐういびき声、だんだんはっきりして――――,レビトラ 通販.たちまち、江南水郷埠頭走り回る光景が消えた、彼らは1台のトラクター「どきんどきん突に擦れ違う.それのように走行した土地に、両辺金色の穂両側ダンプ.この声を思い出した北大荒の秋. はもちろん、彼のいびきは変わらず、聞いて、それから少しを高め、この高度に止まっていて、いびきの音が特にない目に急にリズム、小さな太鼓チームは、いくつかの拍子を繰り返しているこまちトントン. 忽然、いびきをへいっても、もっと厳しい声、まるで真夏にも出し抜け雷.だんだん、声を緩和し続けて、1大きな川よう春水東に流れて.轟――の雷が続いている.続いて、まるで飛んで流直下の滝、一気に流れ落ちる穀底へ、出す大きな鐘のようなエコー.いびきが徐々におさまり、まるで一本民族のバンドが広い田野に生命の歌を奏でる.――だんだん、いびきが消えた. そう、親父も立派な指揮者. p>初二&lt,巨人倍増;:史夢縁smy

兄、妹の肩

February 2nd, 2015

ほかの子供と同じように 私もかわいがって私のとても関心私の兄で、彼女は私に大きな一歳でも彼の権勢の痩せて高いイメージに満ちた安全感. 彼は小さい時よく私を保護して、私の手を繋いで、目じりの涙拭いて私にも花が我々の間の最もすばらしいことが、後になって一緒に歩いていると、私たちの間ではお互い心連心の熱さは私たちの談笑は嬉しい言葉は美しいの笑顔. 時間はあっという間に過ぎてしまう私たち一緒に足を踏み入れて学校のときにも私が悲しむ時初めて飛び出して私を慰めて、こうするともっと私に君がいるだけでいい!だから、何があってもあなたを探して私を助けて帰って,D10催情剤. 日一緒に歩いている私の突然脳の思考のない経は彼に聞きます:“小さい時の私たちの関係はどうでしょうか,シアリス?」彼は笑顔いっぱいでの高い私を訴えます:“あなたは私の妹は私たちの小さい時の感情はもちろんいい不安!」そこで私は彼の手を引いて甘えている兄さん、飴がなめたい!彼女はすぐに笑って咲いた花. p>と<ここよく考えると実は私の世界の中で孤独じゃない私は愛が私のオヤジのおふくろもおじいさんとおばあさんと と母方の祖父……最も重要なのは私がまたかわいがって私の良い兄ですね. 兄、あなたは永遠に妹の肩のか?