Posts tagged ‘花痴’

卒業の夏休み

September 25th, 2014

化学試験終瞭に伴って告げる鐘は、は、私たちの中学校終わりました.それのない絵には句号、まだ問号?私は知っているのが一つの時代が終わった.かつての全てを失って、現実的なのはまだ獲得、すでに失った.殘酷な! p>

近付いてワールドカップ

September 20th, 2014

p> <2006年第18回ワールドカップが風景が絵のようなドイツ引き幕.五大陸からの32本で強豪を早く動き出す、伝統の強豪勢ではよりは.全世界は4年に一度のサッカーの盛会を丹念に準備していて、真心を期待して、熱心に心当て┅小さなサッカーファンに影響を及ぼしている全世界の動きの心.は国、民族、色、貧富の別なく┅凝集1か所でも.をゴールで歓呼して、勝利のために喝採をミスで、殘念、負けるに泣く┅これはどんなに感動のシーンでは、どんなに心に殘る終身の盛況. 中国はサッカーファン の熱狂は四年前の日韓ワールドカップに演繹し.心から感謝魔法監督化同誌化朽ち魔法の力を、我々は徹底的に感心して龙哥アジア地区組み合わせ抽選に幸運を避けると各英豪の傑作.惜しいのは四年前のW杯アジア勝ち進んで中国チームの歴史は今年もうかなわないことを改めて上演して、今私たちに向けて勢いのワールドカップ開幕ドイツしかしよう.ファンは少なくとも千の嘆きの理由.中国は世界で最も巨大で、最も誠実な、最も熱心な観客.私たちの土地が広く資源が豊かで、人口が多くて、私達の素樸な善良と文化遺産,中絶薬RU486;私達の憧れと待ち望む.中国は世界で最も不幸なファンを持つ,花痴.私たちの国の男子サッカーチームの戦闘力はもろくも、彼らの凝集力な;彼らの意誌の力が足りないで、更に彼ら国際競技場の連勝連敗肝心なレースではなく、一律敗を浴びせ、これまで国保険にも殘って顔面. で十七年前の中国チームは徴服はワールドカップ外郭戦で遭遇ニュージーランドの黒い三分も言わない、一年前の中国チームは背水の陣の状況下にちっぽけだけ国土のクウェートに表現した英雄气短、三日前とヨーロッパほとんど入らない流のスイス隊の親善試合の中で中国の男子サッカー国家代表チームの男たちは自ら監督を体験した黒い三分の一幕……正直言ってこれらの負けた人の経歴は負けて倒れても恐れるに足りない;私たちはもともと技術や技が人より劣る、認めたく不足を教訓は.本当の広大なファンを促す心根を正すべきなのは、私たちを代表して国家のイメージの中国代表メンバーの球場の上の注意を払わないと人は人に及ばない、強制的に失望したファンはあれらのいわゆるスターの人々の球場の内外の製造のニュースが噂と奇聞;ファン離れて心身ともに疲れ果てるさらに観客席のあれらのサッカー監督機構があとを絶たない八百長、八百長、賭博や暴力. 今期のワールドカップ決勝戦は中国チームの欠席で非常に見劣りする.中国のサッカーチーム、深いの名門、非純分の十分な潜在ダークホースは、たとえ演じる混ぜ返すキャラクターの能力を備えていない者は、中国の男子サッカーの実力では4年前の日韓ワールドカップ1勝1球未進一部未の成績が物語ってすべて.だからすべてサッカー>的

無償の愛

March 21st, 2014

人を好きになるとはどういう事なのか良く分からなくなってきた。好きだから結婚するのか?、それとも結婚したいから好きになろうとするのか?多分若いうちは前者であろう,花痴。少なくとも私は若い頃は恋愛の駆け引きなど一切しなかった、好きになってただ相手の側にずっと居たくて温もりを感じていたくて、と思っていた。私は長男なのだが、まだ20代前半の頃6歳年上の女性と付き合っていた。その女性のご両親が商売をやっていた為跡継ぎの婿養子を望んでいた。若かった私は自分が長男なのにもかかわらず、相手の家に婿養子に入ろうと真剣に思っていた。しかし父親に、「長男なのに婿養子に入るなんて軽々しく言うな!うちのお墓はどうするんだ!」とかなり怒られたのを今でも覚えている。若い頃は、後先考えずに走れたのだ。しかし、今は違う。悲しい事だがどうしても打算的に無意識考える自分がいる。 自分自身が嫌になってくる、自己嫌悪に陥る,スーパーファット。駆け引きなどしないで、ただ相手を愛していたあの頃の自分は何処に行ってしまったのだろう。多くは望まない、ごく普通の生活ができればそれで構わない。しかし、それでもやはり相手の側に立てば相手側にも希望の条件がある。年収やら学歴やら色々。まぁそれは仕方のないことだが。大学を自ら中退してしまった自分にとっては学歴などそこまで重要ではないかと思うが、今だ社会は学歴社会なのであろう。 昔みたいに、本気に人を愛することが果たして今出来るのだろうか。好きだから好きで、好きに理由なんてないって言ってたあの頃の自分。もう二度ないのかもしれないな。こんなに婚活が大変だと思わなかった。こんなに辛いなら愛なんて信じない方が良いのかもしれない。だが、それでもまだ本当の愛を信じている。

前々から気になってた三菱レイヨンの携帯型浄水器「クリンスイ タンブラー」,絶對高潮。商品のコンセプトはいいと思うのだが、メーカー小売希望価格が3150円アマゾンや価格コムで安いとこでも2000円くらいだし、交換カートリッジも3本で2500円くらいなのでちょっと高いな~と思って買わずにいたが、今日帰りに寄った近所のディスカウントで本体が599円、交換カートリッジが399円だった!(笑) セットで1000円でお釣りくるって……安すぎだよ!!とりあえず1セット買ってみたが、無くなる前にもう1セットや交換カートリッジをいくつか買うか、安すぎて逆に悩む(笑)そのディスカウントストアでもう1つ目に止まったのが「アサヒ アクティブブレンド 十六茶」。 50~60代のアクティブシニア層を中心とした40代以上の男女をターゲットにウーロン茶?高麗人参?霊芝?ゴマ?ハトムギ?黒豆(大豆)?ハブ茶?発芽玄米?緑茶?大麦?玄米?シソの葉?クコの葉?シイタケ,花痴?昆布?明日葉の厳選和漢16素材をブレンドしたらしい。 発売は去年の11月なので、そろそろ在庫処分なのか59円だったので、1本買ってみた。 飲んでみたら、結構イイ!ケースで買っても1500円しないので、今度行ってまだあったら、大人買いしようかな~。

自由の代価

March 16th, 2014

今まで好きに生きてきた訳ではない。常に状況が私を許さなかった。 家族のために決まった就職も駄目にした,花痴。 そこに恨みは無い。 私にしか出来ない事だったのだろうと思う。言葉で、この手で、この魂で「生きた屍」に何度も心を与えた。 その度に相手は立ち上がる。折れた心を燃え上がらせ、逆境に立ち向かう。 思い返せば、すごいエネルギーだった。何回分の人生を送れるのかと思うほどに。 今はいない。亡くなった時は、今でも鮮やかに覚えている。あれから、どれくらい経つのだろう…。あんなにかわいい犬を残して、飼い主が先に逝くことはないだろ。 ああ、犬なら最期まで面倒を見たよ。一緒にあの世から私たちを見てるんだろ?私と散歩に行くのが楽しみで、眼を丸く開いて後ろをついてくるわ、部屋を走り回るわ吠えるわで楽しかったさ。 雪が積もってるのに散歩に行くって言うから、連れ出したら肉球が冷たかったんだろうね。ピューッ!って玄関まで走っていって「家に入れてくらはい(。>д< )」って顔してた(笑) 俺より先に逝きやがって…死後の世界は知らない。この世を去ってから、魂は「自由」になるのかな,三體牛鞭?とは思うけれども。 妹が亡くなって8年。犬が亡くなって3年。俺たちは三人(犬は「匹」だけど(笑))とも、両親に振り回されて迷惑やったな。 今は「自由」なったのかい? 私に知る術は無い。わかっているのは「精一杯、生き抜け」って事だけ。 私がこの世を去ったら、また話そう。その時は、私も「自由」を得ているだろうから。